歴史

プラントはインドに固有です。それは先史学以来アジア南部と東で養われました、しかし西洋の世界へ知られるようになったように見える、ない、中央アメリカより早く。1500.プラントの最初の既知の書かれた記録は、斉民要術(544に完成した古代の中国の農業の論文)で見つかります。多数のアラビアの名およびその北アフリカ住民名は、古代ギリシア語およびローマの名の不足に加えて、それが初期の中世に地中海のエリアの至る所でアラビア人で開始されたことを示します。学名ナス属メロンゲーナは1つの種類のための16世紀のアラビアの期間に由来します。

名前ナス、アメリカで使用されて、オーストラリア、ニュージーランドおよびカナダはいくつかの18世紀のヨーロッパの栽培品種の産物が黄色だったか白く似られていたという事実を参照します、ガチョウあるいはめんどりの卵。名前ナス(それはイギリス英語の中で使用される)は、フランスの単語(サンスクリットv*からのペルシアのバデンジャンからのアラビアのバデンジャンからのカタロニアに由来した)からの採用です。インド人(南アフリカ・マレーシアの英語)では、果物は茄子として知られています。それはポルトガルのベリンジェラに直接由来します。ナスと茄子は、それらの特殊なbr-jnあるいはbrn-jl様相で、ペルシア語とサンスクリットに由来します。それほど一般的でないイギリス英語単語は、さらにフランス語(イタリアの「melanzana」に由来した)からであるメロンゲーナです。カリブ海のトリニダードでは、それは、さらにメロンゲーナからの「meloongen」によって行きます。

プラントの茄子科(ナス科の植物)ファミリーとの関係のために、果物が非常に危険であると考えられて、かつてありました。

Copyright © 2011. All rights reserved.ナス.